お金を貸す時、貸したお金の返還を求めるとき

 お金を貸す時の注意事項など

お金を貸す時の注意事項

 貸したお金の返済が滞ったとき

→ 直ぐに連絡して督促し、返済が遅れている理由を確認しましょう。

 貸金返還請求の法律相談から依頼までの流れ

電話予約 03-3460-5125
概要をおうかがいし、ご用意いただきたい書面を案内し、法律相談の日程を調整します。
 
法律相談   法律相談料は30分5000円(別途消費税)です。
借用書、返済状況がわかる書面をご用意下さい。
ケースに応じて弁護士費用をご説明します。
相談で終了することも、依頼を受けることもあります。
依頼を受ける場合には、受任契約書を作成します。
(保全処分) 相手方に資産がある場合には、仮差押えなどの保全処分を行うことがあります。
保全処分を行うときには、保全処分の弁護士費用と裁判所に納める保証金が必要となります。
 
内容証明による督促 何日以内に支払わない場合には、訴訟提起する旨記載します。
この段階で支払が得られたり、分割弁済の合意ができ、合意書を作成することもあります。
 
訴訟 なお支払が得られない場合には、訴訟提起を検討します。
訴訟を行う場合には、費用をご説明し、受任契約書を作成します。
但し、相手方に資産がない場合には、判決を取得しても回収することは難しいです。
相手方が破産してしまい、回収できないこともあります。
 
(強制執行) 判決が出ても相手方が支払わない場合には、強制執行が可能です。
ただ、強制執行の対象となる資産がないとできません。